大正大学硬式野球部

H28年秋季リーグ戦 順天堂大学戦試合結果

順天堂大学戦試合結果


第1戦 ○6-1
第2戦 ○5-3



8連勝で優勝を決め迎えた最終カードの順天堂大学戦。まず、初回に2番福田(2年 千葉商科大学付属)と3番栗山(4年 市立柏)の連続2ベースヒットで1点を先制する。打線は3回に坪内(2年 加藤学園)の2点タイムリーヒット、4回には福田の犠飛、栗山の内野ゴロ、松本のサードへの強襲ヒットで3点を追加する。投げては先発金子(3年 専修大学松戸)が5回を3安打に抑える好投を見せる。6回から大黒(2年 二松学舎大学附属)、定森(3年 竜ヶ崎第一)、佐藤龍汰(3年 取手第一)、遠藤(4年 市立柏)が1回ずつを投げ、佐藤龍汰が押し出しで1点を失うも、後の投手が踏ん張り、9連勝を飾る。
 全勝優勝を目指し、迎えた第2戦。打線は3回に前川(2年 盛岡大学附属)と宮原(2年 市立川口)の2者連続ホームランで2点を先制する。5回には松本(4年 宇都宮清陵)の2点タイムリーヒットで追加点を挙げる。その裏遠藤が2ベースヒットを浴び、2点差に詰め寄られるも、5回途中から登板した大黒の好救援でピンチをしのぐ。8回にもタイムリーを浴び、1点差に詰め寄られるも、9回に福田のタイムリーで2点差とする。今シーズン初登板の関口径太(4年 習志野)、木村晃生(4年 学法福島)、林(3年 中野西)、小川(4年 富士見)、田中寛人(4年 与野)、遠藤、大黒、宮良(4年 伊奈)、金子と9人で繋ぎ、全勝優勝を飾る。
スポンサーサイト
  1. 2016/10/18(火) 18:14:30|
  2. 試合スケジュール・結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

H28年秋季リーグ戦 芝浦工業大学戦試合結果

芝浦工業大学戦試合結果


第1戦 ○2-0
第2戦 ○9-4


 6連勝で迎えた芝浦工業大学戦。連勝で優勝が決まる1戦。第1戦まず、2回に四球とエラーで出たランナーを櫟(3年 加藤学園)のレフトへのタイムリーで先制する。両チームの先発が好投し、投手戦となる中、6回先頭の白石(4年土浦湖北)のライトへのソロホームランで追加点を挙げる。投げては先発金子(3年 専修大学松戸)が5回以降1人のランナーも許さない投球で無四球完封勝利で今季3勝目を挙げる。
 勝てば優勝という試合で先発大黒(2年 二松学舎大学附属)が初回にヒットで1点を失うも、2回にヒットと四球で作った満塁のチャンスを相手投手の暴投と大友(3年 金沢学院東)のショートへの内野安打で逆転に成功する。4回には相手のバッテリーミスで1点、5回には満塁のチャンスで坪内(2年 加藤学園)の犠飛、松本(4年 宇都宮清陵)のタイムリーヒット、エラーと前川(2年 盛岡大学附属)のタイムリーで5点を追加し、突き放す。7回にも1点を挙げダメ押しに成功する。投げては先発大黒が試合を作り、8回は佐藤龍汰(3年 取手第一)が締め、9回に遠藤(4年 市立柏)が3ランホームランを浴びるも、後続の打者を締め8連勝を飾る。
この試合で4季ぶりの3部優勝が決まる。
まだ、来週の順天堂大学戦が残っておりますので気を引き締めていきたいと思います。
  1. 2016/10/12(水) 10:55:18|
  2. 試合スケジュール・結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

H28年秋季リーグ戦 成蹊大学戦試合結果

成蹊大学戦試合結果


第1戦 ○3-1
第2戦 ○6-0




秋季リーグ戦4連勝で迎えた成蹊大学戦。まず、初回に、福田(2年 千葉商科大学付属)のセンターへのタイムリー2ベースヒットで先制する。この回、坪内(2年 加藤学園)の内野ゴロの間にも得点し、2点を先制する。その後、試合は投手戦となるも、6回には富山のセンターへのタイムリーヒットで1点を追加する。投げては先発金子(3年 専修大学松戸)が5安打1失点の快投で今季2勝目を挙げる。
 続く第2戦は、またも初回に満塁のチャンスで坪内の犠飛で先制する。3回には松本(4年 宇都宮清陵)のタイムリー、4回には相手のエラーで、6回には栗山(4年 市立柏)、弓削(4年 西武台千葉)の連続タイムリーで2点を追加する。8回には宮原(2年 市立川口)のダメ押しとなる、センターへのタイムリーヒットで追加点を挙げる。守りでは先発田中寛人(4年 与野)がランナーを出すも、要所を占め、5回からは小川(4年 富士見)、7回からは大黒(2年 二松学舎大学附属)がテンポの良い投球で完封リレーで6連勝を飾る。
  1. 2016/10/02(日) 20:14:02|
  2. 試合スケジュール・結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0