大正大学硬式野球部

秋季入替戦日程

秋季入替戦日程


第1戦  11月10日(月)  東京農業大学(一塁側後攻)  神宮球場 12時30分開始予定 
第2戦  11月11日(火)  東京農業大学(三塁側先攻)  神宮球場 12時30分開始予定





※尚、11月8日(土)より行われる1部・2部入替戦の対戦カードが終了次第となりますので、試合日の変動があります。
スポンサーサイト
  1. 2014/10/30(木) 14:18:06|
  2. 試合スケジュール・結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3部表彰選手に2名選出されました!

平成26年度秋季リーグ戦 3部表彰選手

最高殊勲選手  栗山 航輔 (2年 外野手 市立柏) 41打数15安打 4本塁打 5打点 打率.366

最優秀投手  金子 弥聖 (1年 専修大学松戸) 4勝0敗 自責点3 防御率0.64 勝率1.000
  1. 2014/10/25(土) 10:00:29|
  2. 新着情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リーグ優勝・入替戦出場を決めました!

リーグ優勝決定(10勝1分 勝率1.000 勝点5) 

 本日10月19日をもちまして平成26年度秋季リーグ戦を終了致しました。結果と致しましては上記の通り、1度も黒星を付けることなく優勝を飾ることができました。しかし、終わってみれば10連勝とはなりましたが1つの引き分けを挟むなど、まだまだ圧倒的な力での完全優勝とはなりませんでした。また、チームとしては二部昇格を目標に掲げているのでリーグ優勝はあくまでも通過点の一つでしかありません。11月に行われる入替戦まで約1ヶ月あります。このリーグ戦での数多くの反省点を日々の練習に活かし修正し、昨年叶わなかったた二部昇格を果たしたいと思います。入替戦は平日にはなりますがリーグ戦同様、数多くの皆様方に神宮球場まで足を運んで頂き、選手達に熱い声援を送って頂ければと思います。応援よろしくお願い致します。




                                         大正大学硬式野球部部員・スタッフ一同
  1. 2014/10/19(日) 20:12:10|
  2. 新着情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋季リーグ戦 芝浦工業大学戦試合結果

芝浦工業大学戦試合結果



第1戦 ○ 3 - 4
第2戦 ○ 6 - 1


 引き分けをはさみ8連勝で迎えた秋季リーグ戦最終カードの芝浦工業大学戦。初回に暴投で先制するも4回までに2点を失い試合をひっくり返される。しかし、4回裏に3番栗山(2年 市立柏)の今シーズン4本目のホームランで同点に追いつく。その後相手のソロホームランで再び同点になるも、6回に4番芝田(1年 日本大学第三)の2ベースで同点に追いつき、更に6番山本(1年 敬愛学園)の2ベースで逆転し4-3で勝利。
 勝てば優勝が決まる第2戦。先発金子(1年 専修大学松戸)は5回を投げ1失点で試合を作る。1点ビハインドで迎えた3回、8番弓削(2年 西武台千葉)の2ベースでチャンスを作り相手のミス・併殺打の間にそれぞれ1点ずつ入り逆転。5回には7番天神(3年 土浦湖北)2ベース・9番大友(1年 金沢学院東)のヒットでチャンスを作ると、1番今嶋(3年 富士見)の2ベースで2点、更に6回に7番弓削の2ベース・1番今嶋のタイムリーでそれぞれ1点ずつ追加し6-1で勝利。

  1. 2014/10/19(日) 19:55:59|
  2. 試合スケジュール・結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋季リーグ戦 成蹊大学戦試合結果

成蹊大学戦試合結果


第1戦   1 - 1
第2戦 ○ 6 - 0
第3戦 ○ 5 - 6x

 ここまで6連勝で迎えた成蹊大学戦。1戦目は0-0で迎えた9回表、3番栗山(2年 市立柏)のソロホームランで1点先制。しかし、その裏にソロホームランを浴びて同点に追いつかれる。そのまま延長13回までもつれるも両者譲らず引き分けに終わる。
 2戦目は3回4番山本(1年 敬愛学園)の死球による押し出しで1点先制。今カードからスタメンの5番松本(2年 宇都宮清陵)の満塁ホームランでこの回一挙5点。4回には9番大友(1年 金沢学院東)の2ベースで1点を追加。投げては今季初先発の田中(2年 与野)・定森(1年 竜ヶ崎第一)・新藤(3年 武蔵越生)・宮良(2年 伊奈)・福田(3年 東京)の完封リレーで6-0で勝利。
 第3戦は前半に5点を失う苦しい展開となる。しかし、6回に1死1・2塁から途中出場の2番櫟(1年 加藤学園)の2ベースで1点。8回には押し出しの連続四死球・1番岡村(3年 都立保谷)のタイムリーなどで5-5の同点に追いつく。最後は9回裏にこの回先頭の2番櫟がライトへのホームランを放ちサヨナラ勝ちを収めた。投げては2番手の丸山(2年 青森山田)が5回1/3を投げ試合を立て直した。

 引き分けをはさみここまで8連勝。打線にもようやく火がつき、残る最終節で前季覇者で現在勝点4で並ぶ芝浦工大との直接対決で、勝点を取ったほうが優勝となります。今の勢い・モチベーションを持続させ、必ず優勝を通過点とし入替戦に進みたいと思います。応援よろしくお願い致します!

次の対戦カード

第7週 芝浦工業大学
10月18日(土) 10時30分~ 芝浦工業大学グラウンド
10月19日(日) 13時~ 芝浦工業大学グラウンド 

  1. 2014/10/14(火) 11:19:55|
  2. 試合スケジュール・結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋季リーグ戦 上智大学戦試合結果

上智大学戦試合結果


第1戦  ○ 3 - 0
第2戦  ○ 4 - 3

 秋季リーグ戦3カード目の上智大学との第1戦。0-0のまま迎えた延長12回表。この日初スタメンの1番芝田(1年 日本大学第三)が3ベースで出塁すると、2番岡村(3年 都立保谷)の左中間への2ベースで1点を先制。その後6番白石(2年 土浦湖北)が死球で出塁、これが押し出しとなり1点追加。7番天神(3年 土浦湖北)の犠牲フライで1点を追加し3-0。先発の金子(1年 専修大学松戸)は12回144球を1人で投げ切り完封勝利。
 台風のため2日間順延で迎えた2戦目。初回に先発の小野(3年 飯山北)が2ランホームランを浴び先制を許す。その後0-2のまま迎えた6回裏の攻撃。途中出場の2番櫟(1年 加藤学園)のヒットなどで無死満塁とし、5番齋藤((2年 酒田南)のレフトへのタイムリーヒットで2点。8番弓削(2年 西武台千葉)が四球を選び押し出しで1点勝ち越し。9番大友(1年 金沢学院東)のレフトへのタイムリーで1点追加し、この回4点で逆転に成功し4-2。その後1点を返されるも6人の継投で逃げ切り4-3で勝利した。

 ここまで6連勝で勝点3を取ることができました。次のカードからは打線好調の成蹊大学・前季優勝の芝浦工業大学と厳しい戦いになるとは思いますが、少ないチャンスを物にし確実に勝点を取るよう頑張りたいと思います。

次の対戦カード

第6週 成蹊大学
10月11日(土) 13時~ 芝浦工業大学グラウンド
10月12日(日) 10時30分~ 芝浦工業大学グラウンド
  1. 2014/10/09(木) 07:51:57|
  2. 試合スケジュール・結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0