FC2ブログ

大正大学硬式野球部

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

H30年春季リーグ戦 学習院大学戦試合結果

平成30年春季リーグ戦 学習院大学戦試合結果

第1戦
学習院 001 010 020|4
大 正 000 002 000|2
バッテリー)大黒-清野

第2戦 
大 正 010 104 000|6
学習院 003 000 200|4
バッテリー)菊池、大場駿太、冨田-清野

第3戦
学習院 000 001 000|1
大 正 010 120 03×|7
バッテリー)大黒-清野

 わずかな優勝の可能性を残して迎えた最終週。第1戦は先発大黒(4年 二松学舎大学附属)が3回、5回に相手1番打者に2打席連続ホームランを浴び、2点を先行される。しかし6回に福田(4年 千葉商科大学附属)のタイムリーヒットと押し出しで同点とする。しかし8回に2点タイムリーヒットを浴び、2点を勝ち越され、第1戦を落とす。
 迎えた第2戦。2回に土田(3年 横浜)のタイムリーヒットで先制する。しかし、3回にタイムリーヒット、押し出し、犠飛で逆転を許してしまう。4回に途中出場の大谷木(2年 坂戸)のソロホームランで1点差とすると、押し出し、相手投手のボーク、小野柊人(2年 桐生第一)のタイムリーヒットで4点を挙げ、逆転に成功する。5回から登板した大場駿太(3年 霞ヶ浦)が7安打を浴びながらも、2点に抑え、8回9回を冨田が無失点に抑え、1勝1敗とする。
 負ければ学習院大学の優勝が決まってしまう第3戦。2回に天ヶ谷(4年 取手松陽)のソロホームランで先制すると、4回に天ヶ谷のセンターへのタイムリーヒットで1点。5回にも天ヶ谷のタイムリーヒットで2点を先行する。8回に坪内(4年 加藤学園)のソロホームラン、代打福田のタイムリーヒット、五十嵐のタイムリーヒットで3点を追加しダメ押しとする。投げては先発大黒が5安打無四球11奪三振で勝ち点を獲得した。
春季リーグ戦は7勝5敗勝ち点3という結果に終わり、3位が確定しました。秋季リーグに向けて練習を重ねていきたいと思います。
多くのご声援ありがとうございました。

スポンサーサイト
  1. 2018/05/29(火) 12:56:07|
  2. 試合スケジュール・結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

H30年春季リーグ戦 上智大学戦試合結果

平成30年春季リーグ戦 上智大学戦試合結果


第1戦
大正 001 012 002|6
上智 002 000 010|3
バッテリー)大黒、齊藤康-清野

第2戦
上智 100 001 000|2
大正 000 000 100|1
バッテリー) 菊池、大場駿-池浦、清野

第3戦
大正 000 220 000 00|4
上智 012 000 010 01×|5
バッテリー) 冨田、菊池、大場駿-清野、池浦5

迎えた第4週。初戦は3回に今松(2年 横浜商科大学)のタイムリーヒットで先制する。しかし、その裏先発の大黒(4年 二松学舎大学附属)が2ランホームランを浴び、逆転を許してしまう。5回に今松の犠飛で同点に追いつくと、6回に代打宮原(4年 市立川口)の2点タイムリーヒットで勝ち越しに成功する。2番手としてリーグ戦初登板の齋藤康徳(1年 霞ヶ浦)が8回に3連打を浴び、1点差とされるも、9回に今松の今日3打点目となるタイムリーヒット、小野柊人(2年 桐生第一)のタイムリーヒットで2点を挙げ、ダメ押しとする。
 第2戦は先発菊池(4年 習志野)が初回に自分のエラーで先制を許してしまう。打線も相手先発大熊に抑えられ、6回まで無得点に終わる。6回に菊池がボークで2点目を失い、7回に中村恭兵(4年 我孫子東)のタイムリーヒットで1点を返すも、反撃もここまで。1勝1敗のタイとなる。
 第3戦、リーグ戦初先発の冨田(2年 東洋大学附属牛久)が2回に1点、3回に2点を失う。4回に中村恭兵のタイムリー2ベースヒット、清野(4年 桐生第一)のタイムリーヒットで2点を返すと、5回に代打坪内(4年 加藤学園)のタイムリーヒット、遠藤(2年 守谷)の犠飛で勝ち越しに成功する。3回途中から登板した菊池がテンポの良い投球を見せるも、8回にタイムリーヒットを浴び、同点とされる。9回から登板した大場駿太(3年 霞ヶ浦)が9回、10回にサヨナラのピンチを迎えるも、無失点に抑える。しかし11回に2死満塁から死球を与え、押し出しサヨナラ負けで勝ち点を落としてしまう。
  1. 2018/05/29(火) 12:33:03|
  2. 試合スケジュール・結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

H30年春季リーグ戦 順天堂大学戦試合結果

平成30年春季リーグ戦 順天堂大学戦試合結果


第1戦
大  正 030 000 000 | 3
順天堂 000 200 15× | 8
バッテリー) 大黒、齊藤健吾 - 清野 

第2戦
順天堂 130 000 041 | 9
大  正 000 131 021 | 8
バッテリー) 菊池、湯浅、大場駿太、大黒、齊藤健吾 - 清野

 全勝で迎えた第3週、順天堂大学戦。第1戦は、2回に中村恭平(4年 我孫子東)のレフトへのタイムリーヒットで2点を先制し、小野柊人(2年 桐生第一)の犠牲フライで1点を追加する。しかし4回、2死満塁から大黒が2点タイムリーヒットを浴び、1点差とされる。
7回にも、大黒がタイムリーヒットを浴び、同点とされてしまう。そして8回、タイムリーヒットを打たれ勝ち越されると、次打者に3ランホームランを打たれる。代わった齊藤健吾(2年 専修大学松戸)もホームランを打たれ、今季初黒星を喫する。
 負けられない第2戦。先発の菊池(3年 習志野)が初回、タイムリーヒットを浴び1点を先制される。2回にも押し出しとタイムリーヒットで、3点を追加される。4回、天ヶ谷(4年 取手松陽)のタイムリー2ベースヒットで1点。5回には、峰崎(4年 聖光学院)のホームラン、小野柊人(2年 桐生第一)の2ランホームランで同点とする。6回、敵失により勝ち越すも、8回湯浅(4年 八王子実践)がホームランを浴び同点とされると、ヒット四球が重なり3点を失い逆転される。しかしその裏、清野(4年 桐生第一)のホームラン、宮原(4年 市立川口)のタイムリーヒットで1点差とする。だが9回、スクイズで1点を失う。9回裏には、天ヶ谷のホームランで1点差とするも試合終了。勝ち点を獲得することができなかった。


  1. 2018/05/03(木) 10:49:32|
  2. 試合スケジュール・結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

H30年春季リーグ戦 一橋大学戦試合結果

平成30年春季リーグ戦 一橋大学戦試合結果


第1戦
大正 001 100 310|6
一橋 000 000 001|1
バッテリー) 大黒 - 清野 

第2戦
一橋 100 000 002|3
大正 020 010 01×|4
バッテリー) 菊池 ‐ 清野


 第2週を迎え、一橋大学戦。第1戦は序盤無得点に終わるも、3回に小野柊人(2年 桐生第一)のセンターへのタイムリー2ベースヒットで先制し、4回には相手のバッテリーエラーで追加点を挙げる。迎えた7回小野柊人の今日3打点目となるセンターへのタイムリー3ベースヒット、天ヶ谷(4年 取手松陽)のセンターへのタイムリーヒットで3点を追加する。8回にも峰崎(4年 聖光学院)のタイムリーヒットでダメ押しとする。投げては先発大黒(4年 二松学舎大学附属)が最終回にソロホームランを浴びるも、1失点完投で3連勝。
 第2戦は先発菊池(4年 習志野)が初回に先制点を許すもその後は立ち直り、テンポの良い投球で、無失点に抑える。2回に中村恭兵のタイムリー2ベースヒットで同点とすると、1番宮原(4年 市立川口)のライトへのタイムリーヒットで勝ち越しに成功する。5回に小野柊人のタイムリーヒットで追加点を挙げると、8回にも小野柊人のタイムリーヒットで点差を広げる。9回に菊池が2ランホームランを浴び、1点差とされるも、後続を抑え、4連勝を飾り勝ち点を獲得した。
  1. 2018/04/16(月) 16:55:36|
  2. 試合スケジュール・結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

H30年春季リーグ戦 成蹊大学戦試合結果

平成30年春季リーグ戦 成蹊大学戦試合結果


第1戦
大正 020 500 000|7
成蹊 101 000 000|4
バッテリー) 大黒、湯浅-清野

第2戦
成蹊 002 100 000|3
大正 005 513 00×|14
バッテリー)菊池、斎藤健吾ー清野、池浦


 初戦となった成蹊大学戦。初回大黒(4年 二松学舎大学附属)が3連打を浴び、先制される。しかし、2回に中村恭兵(4年 あ我孫子東)のセンターへのタイムリーヒットで同点とすると、小野将輝のライトへのタイムリー2ベースヒットで勝ち越しに成功する。3回に犠飛で同点とされるも、4回に押し出しで勝ち越すと、満塁のチャンスで今松(2年 横浜商科大学)のセンターへの満塁ホームランで5点差とする。9回に登板した湯浅(4年 八王子実践)が2失点するも、今季初勝利を飾る。
 第2戦は、3回に先発の菊池(4年 習志野)がスクイズとタイムリーヒットを浴び、第1戦同様に2点を先制される。その裏、2死から、1番今松、2番小野柊人(2年 桐生第一)、3番坪内(4年 加藤学園)の3連打で1点を返すと、4番大谷木(2年 坂戸)のタイムリーヒットで同点とし、続く5番清野(4年 桐生第一)のライトへの3ランホームランで5点を挙げる。4回にエラーで1点を失うも、その裏、エラーでチャンスを作り、4番代打天ヶ谷(4年 取手松陽)から4連打で5点を追加する。5回にエラー、6回に白神(4年 東洋大
学附属牛久)のタイムリーヒット、半田(3年 横浜)のスクイズで追加点を挙げ、ダメ押しとする。先発菊池が7回3失点と粘り、8回から齊藤健吾(2年 専修大学松戸)が2回を無失点に抑え、勝ち点を獲得した。
  1. 2018/04/11(水) 08:38:52|
  2. 試合スケジュール・結果
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。